トライアルの感想

育脳チャレンジは就職試験にも使われる内容です。今回6年生のみ実施した育脳チャレンジの感想の一部をご紹介します。
30秒間どんな問題があるか見て、90秒で2ページを解くを6回繰り返します。そうすると
図のように6部門に分かれた結果が出ます。きれいな6角形に近いほど仕事ができる人と判断されるそうです。